MUH shield(ムーシールド)

3才からはじめることができる’受け口’治療法


短期間で治すことができ、痛みを感じることや針金を口の中に通すことがないので、これから期待される治療法です。
当医院の医師はムーシールド正規講習の修了資格認定を受けています。
 
 


【受け口は早く治す方がいい】
いままで3歳児検診で反対咬合を指摘されても「永久歯になれば改善されることもありますので、暫く様子を見ましょう」ということが良くありました。しかし、データを見てみると、3才で受け口の場合自然治癒するのは6,4%(100人に6名)くらいしかないことがわかりました。つまりは100人の受け口を指摘された3歳児のうち94名ほどは自然には治らないということです。なのにこの時期を逃して永久歯が生えると口の中に針金を通す本格的な矯正をしなければならないケースが多くなり費用も時間もかかってしまいます。
たしかに通常の矯正方法では3才からはじめることはできないのですが、それを可能にしたのがムーシールドです。
 
 
 
【受け口の特徴】
@上唇の力が強く上顎の成長が悪い
A下唇の力が弱い
B舌が下の方にあるため唾を飲み込むたびに下顎を前に押す
C噛み合わせ面の不調和
歯並びというのは、そもそも舌の押し出そうという力と唇や頬の外から押さえようとする力がつり合うことで決まっています。それらのつり合いが崩れたのが、歯並びが悪い状態です。ですから、歯並びが崩れている場合、つり合いをとるために逆の力(弱い方の力)を高めてやることで治せるというのが’ムーシールド’の理論です。
 
【ムーシールドの構成】(左図参照)
@上唇の力を防ぐ上唇シールド部分・・・ピンク
A舌の力を防ぐ下顎シールド部分・・・ブルー
B咬合面の急峻を治すプレート部分・・・イエロー
 
【ムーシールドの特徴】
@3才という低年齢からはじめることができる
Aマウスピースを就寝時にはめて寝るだけで良い
B比較的短期間で終われる(通常1年以内)
C針金を入れないですむので痛みを感じることもない

before
戻る