インビザライン矯正

インビザライン矯正というのは、取り外せる目立たないマウスピースでする矯正治療です。
 
 




あなたならどちらの矯正治療を選びますか?
写真の右と左の画像。どちらも矯正治療の装置を付けています。左側は通常の矯正。右側はインビザライン矯正です。
誰でもできるだけ目立たないで矯正治療をしたいという希望があるはずです。
インビザラインはそれを可能にしました。
 
インビザラインというのは…
取りはずしが可能な透明のアライナーというマウスピースを使って矯正を行う方法です。「クリンチェック」と呼ばれる3次元シミュレーションソフトを使い、コンピュータ画面上で歯科医師が治療計画を策定することにより治療完了に至るまでのアライナーの必要個数、形状が決定され、制作されます。1997年にアメリカのアライン・テクノロジー社により開発され、これまでに全世界で100万人を超える患者が治療を受けています(2009年3月末現在)。日本では、2006年2月に本格導入されました。
当院の歯科医師は、その認定講習を受けた認定医です。
 
 
どのような治療?
厚さ0.5mm程度の透明なマウスピースを食事の時以外、一日ずっとお口の中に装着をします。このマウスピース(アライナー)は、少しずつ歯の位置を改善させた状態になっていて、2週間ごとに新しいマウスピース(アライナー)に交換していくことで、最良の歯の位置に治していくという治療です。1日中マウスピース(アライナー)を装着するのですが、透明なので矯正治療をしていることはわかりにくくなっています。治療期間によりアライナーの数は変わってきます
 
利点は?
・最大の利点は、透明感があり、装着していても目立ちません。当院の学生の患者さんの 経験談では、多くの友達のうち気づいたのは2人だけだったそうです。
・食事中には矯正器具を外して自由に食事をすることができます。
・器具を外して清掃できるので、お口の中を清潔に保つことができます。
・クリンチェックの3Dアニメーション動画で、計画された歯の移動を患者さん自身でも確認することができるので、治療に対するモチベーションも上がりますし、治療結果をイメージできます。
・アライナーを利用して矯正と同時にホワイトニングを行うことができます。
 
 

クリンチェック画面
戻る