開咬
奥歯は噛んでいても、前歯が咬み合わずに開いているものを開咬と言います。
いつまでも指をしゃぶっていたり、舌を出す癖があったり、鼻のとおりが良くない事で、口で呼吸をしてしまうことなどからおこります。
開咬は、前歯で食べ物を噛めないばかりでなく、正しい発音もできません。




治療前(正面)
前歯でほとんどかみ切ることができません。
また、発音も聞き取りにくく、見た目も良くありません。
治療前(正面)

前歯に隙間がたくさんあります。
治療前(側面)
治療前(側面)

治療後(正面)
治療後(正面)

かみ合わせも良くなり、素敵な笑顔になりました。
歯の重なりもあったので、糸切り歯の後ろの歯を抜いて治療しています。
 
治療後(側面)
治療後(側面)



● ●

戻る