診療のすすめ方
子供たちの診療の進め方を説明します
 


| Back | Index | Next |

1  小児歯科認定医と全国小児歯科開業医会
当医院の診療システムは小児歯科認定医の監修により行われています。
また、「突然の引越しでどの歯医者さんに引き継いでもらったらいいのか分らない。」といった場合にも全国小児歯科開業医会の連絡網により安心できる歯医者さんを紹介することが出来ます。
 

2  TSDJ法について
皆さんはTSD法という治療方法を御存じでしょうか?これはT(tell;話して分ってもらって)S(show;使用する道具や内容を見せて)D(do;治療を行う)という子供の治療の基本的な方法です。
私たちはこれらにJ(join;治療に参加してもらう)というTSDJ法をとっています。これは例えば詰めものをしている間、それを固まらせる′光線銃′を持ってもらったりして子供達に積極的に参加してもらって、より安心して治療を受けてもらうという方法です。
 

3  できることはできるときから
′できることはできるときから′というのが私たちの考え方です。基本的にどうしても必要な場合を除いて、泣いてなかなか治療させてくれないような間は無理に治療にはかかりません。
それは子供の口の中は大人の口の中よりも小さく、通常でも良い治療をするには難しい条件を持っています。そんな状態であるのに例えば泣いて暴れている子供を無理矢理押え付けて口を開けさせたところで良い治療は望めないと考えるからです。
では、絶対に治療をしなければいけない場合は・・・。これは仕方がないので、レストレーナーという抑制具を使って治療をします。
しかし、大抵の場合泣いて暴れる子供達も本当に痛いときには治療をさせてくれるから不思議です。
 

4  治療より予防を!
できれば虫歯を治すよりならないようにしたい!
私たちの願いはここにあります。′治療′はたとえそれが上手にできる子供でも(もちろん私たち大人でも)大変なストレスになります。可能ならば′治療′しないで済むようにしたいと私たちは思っています。
そのために私たちは健康管理システム′GANBAくらぶ(GANBAくらぶのページ参照)′を作りました。できれば皆さんに参加していただきたいと思っています。
 
 


GANBAくらぶホームへ