どうして みがいているのにむし歯になるの?

毎日はみがきしているのにむし歯になってしまう・・・という人はいませんか?
どうしてむし歯になってしまうのでしょう?そのことを少し勉強してみましょう。
むし歯菌の出す酸で歯のミネラルが溶け出す。これがむし歯の始まりです。私たちが食事やお菓子を食べると、その中にある砂糖をえさにして、プラークの中のむし歯菌が酸を出し始めます。するとプラークが酸性になってPHが下がって、限界を超えると歯のミネラル成分のカルシウムやリンが溶けだします。けれども、ある程度時間が経つと、再びPHも元に戻ってカルシウムやリンも歯に戻ってきます。このように、本来私たちの体には元に戻ろうとする力があり、溶け出したミネラルは、普段はまた歯に戻ります。この繰り返しが毎日行われているわけです。
食事をすると・・
PHが下がり歯のカルシウム(Ca)やリン(P)が溶け始める。
 
食事が終わり、時間が経つと・・
PHが上がり始め歯にカルシウム(Ca)やリン(P)が戻り始める。
これの繰り返しが、毎日歯の表面でおこっています。
おやつも回数が増えると、それだけ酸性になる時間も増えて歯のミネラルが溶ける機会が増えます。
おやつの時間を決めずにお菓子を毎日何回も食べたり、自分たちの食事が終わったのにおとうさんやおかあさんが食事をする時に横からつまんで食べたりしていませんか?
これでは歯みがきをしてもむし歯になってしまいます。
もっといけないのはだらだら食いをしてPHがもとに戻らない状態です。これでは歯のミネラルはもとに戻ってくれないので、確実に歯に穴があいてしまいます。おやつを含めた食事は、だらだら食べるより、回数を少なく食べる方がむし歯にはなりません。むし歯のなりやすさは、おやつの量より回数で決まります。
しかも、歯磨きしないで寝てしまうとず〜っと酸性のままです。
 
歯みがきしているのにむし歯になる人が気を付けること
 
1) おやつは時間を決めてしっかり食べる。(量より回数に注意)
2) 何時までもだらだら食べない
3) 子供だけでは歯みがきは不完全。仕上げ磨きをしてもらう
 

PAST INDEX FUTURE
GANBAくらぶホームへ