徒然日誌
日々の診療で感じることを書いています




H17年11月17日(木)  本日は失礼しました
本日の夕方の診療を急に休診いたしまして、申し訳ありませんでした。謹んでお詫び致します。
H17年11月6日(日)  歯医者のイメージ?
今日、娘につきあって「チャーリーとチョコレート工場」という映画を見てきました。そのチョコレート工場のオーナーというのが、歯科医の息子なのですが、小さい頃からチョコ禁止の生活が続き、ある日口にしたチョコがきっかけで、親に反対され、家出してまでチョコレート工場を経営すると言った設定でした。その子供時代の格好たるやまるで鉄仮面のような矯正装置を付け、誰が見ても「恐い」子供が描かれてました。しかもそれを強いているのは厳しい歯科医である父親です。こんな映画を見て何も知らない子供たちは歯医者嫌いになっていくのかな?と少し寂しい気持ちになりました。
歯医者が好きだと言ってくれる子供たちもうちの患者さんにはいるのにな・・・とも思いました。
そういえば「ファインディング ニモ」でも歯医者さんがあまり良いようには描かれていなかった。
残念!
H17年10月27日(木)  旭道山さんが来られました!
 とうとう、旭道山さんが、本当に私たちの医院に来られました!
出版社からインタビューのオファーがあったのが、数日前でした。木曜日か金曜日で、こちらの良い時間に合わせて下さるとのこと。金曜日は山陽衛生士学校の講義があるので、木曜日の昼休みにお願いしました。
 OKしたものの、なぜ?私たちの診療所が選ばれたのかも良くわかりませんでしたので、「だまされているかも?」などとスタッフと笑って話しながら、本当に心配していました。なにせ、ご近所の方々や患者さんにまで「旭道山さんをみんなでお迎えしましょう!」と声をかけていたものですから。
 約束の1時が近づくに連れ、こころはドキドキものでした。約束の時間少し前にまずは記者の方が来られて、名刺交換。ここで、「ああ本当だったんだ。」と内心ホッとしました。
 そして、いよいよ旭道山さんご本人の登場です。タクシーから降りられて診療所に入られる間にもニコニコしてらっしゃって、印象としては現役時代のニックネーム「南海のハブ」というよりは「南海の太陽」と言った感じでした。実際、お話ししても気さくな話されようで、ギャラリー(当日はスタッフと近所の方々、患者さんと多くの方が来られていました)とも気兼ねなく会話されていました。記者の方からは「色紙5枚くらいなら書いていただけますが、それ以上はご遠慮下さい。」といったニュアンスの事を聞いていたのに、医院だけでも10枚近く、ご近所の方や患者さんの分を含めると30枚近くになっていたかも知れない色紙を全部書いて下さいました。
 旭道山さん、本当に申し訳ありませんでした。そしてありがとうございました。40〜50分程度のお約束が、結局1時間半ほどにまでなってしまって・・。
 記事の内容については、雑誌「国際グラフ」が出てから診療所にてご報告しようと思いますが、医院のポリシーとか、治療方針、地域に根ざして安心して来院できる歯科医院としての話といった、少し恥ずかしくなるような内容です。ただ、この年になって改めて自分を振り返る良い機会になりました。なんだか初心に返らせてもらった貴重な時間でした。
 最後に、私たちの医院を「気軽に尋ねることのできる歯科医院、そして気兼ねなく話せるスタッフ」だと雑誌社に紹介して頂いた方、貴重な機会をありがとうございました。そして、声かけに賛同して集まって頂いた方々、お忙しいところ一緒に旭道山さんをお迎えして頂きありがとうございました。今後とも私たちの歯科医院を宜しくお願い致します。
 
H17年10月24日(月)  27日の木曜日
地域で活躍する歯科医院ということで「国際グラフ」という雑誌の取材を受けることになりました。なんと、インタビュアーは元小結の旭道山さんです。pm1:00にわざわざ医院までこられるそうで今から楽しみです!!
H17年10月17日(月)  障害者歯科学会へ行って来ました
今年は、甲府で開催ということで遠かったのですが、がんばって行ってきました。
全国の歯科医の人たちの頑張りや診療のヒントを得るために参加しました。
やはり日本全国となるとすばらしい先生方やシステムがいっぱいあって、まだまだ勉強しないといけないと反省しました。
ただ、学会というのは参加するだけでも初心に帰れるイベントなので私自身は好きです。来年は仙台であるそうなのですが、またまた遠くて意欲が萎えてしまいそうですが、がんばりたいです。
H17年10月1日(土)  入れ歯は大変
人は誰だって自分の歯で噛みたいものです。ですが、歯槽膿漏や虫歯、はたまた事故で自分の歯をなくしてしまった場合に”入れ歯”を使わなければならなくなる時があります。
 それまであまり歯のことに関心のなかった人でも”入れ歯”と聞くと少なからずショックを受けられることでしょう。今現在入れ歯が入っている人も初めての入れ歯が入った時のことを考えてみて下さい。ぜんぜん平気だったと言う人は、まず居ないでしょう?それだけ被せと入れ歯とは全然違うと言うことです。
 ”入れ歯”は”義歯”ともいいます。これは義手や義足、義眼とおなじ「義」です。これらのどれをとっても本物と同じというわけにはいきません。これらはそれなりに不自由なものです。ですから、それらを自分の体の一部として使うには、使う側も覚悟して「慣れるには時間がかかるんだ。」と考えてかからねばなりません。
 よく患者さんに、義歯に慣れるにはできあがって最初の1ヶ月が頑張り時ですとお話しします。それは、入れ歯は患者さんの顎にあったように調整する期間やご本人が入れ歯に慣れる期間が必要だからです。なかには、最初異物感からなかなか長い間入れられない人もいるでしょう。咬んで痛みがあってすぐに使えない人もいるでしょう。この1ヶ月をがんばれるかどうかで、だいたいその患者さんが作った入れ歯を使いこなせるかどうか決まります。逆に言えば、この1ヶ月間をがんばれるような気持ちにさせてあげられる歯科医院は良い医院なのでしょう。
 残念ながら私たちの医院にはまだまだそんな力はありませんが、私たちの医院で作った入れ歯が皆さんのお口の中で長い間活躍してくれることを願ってやみません。
 
H17年9月10日(土)  抜歯の途中で寝ちゃったよ〜
さっき来院したTDくん。過剰歯って言って余分な歯が2本も上の真ん中にありました。でも、抜歯するのは初めてでドキドキ!
痛くないようにシールの麻酔からはじめたんだけど、それが終わって本当の麻酔の注射をし始めたらグ〜グ〜寝ちゃいました。
お母さんによると「今日昼寝してないんですよ」とのこと。でも、変に緊張するよりは良いかな〜?と思いつつ寝てる間に2本の過剰歯の抜歯が終わりました。お母さんも全身麻酔と勘違いしたくらいよく寝てました。
でも、終わってTDくんをおこすのが一苦労だったんだけどネ!
H17年8月28日(日)  MUH Shield (ムーシールド)治療法の講習修了証がとどきました。
いままで、乳歯の子供たちの歯並びが’受け口’のとき、永久歯まで様子を見るというのが通常でした。けれども最近の研究では、このとき受け口だったら96,3%は自然には治らないということがわかりました。しかも、このときを逃したらかなりの確率で針金を口の中に入れる本格的な矯正治療をしなければなりません。そうなると、費用も時間もかかってしまいます。それを防ぎ早期に治すことができるのがムーシールド治療法です。この治療法で多くの人たちの受け口を防ぐことができると信じています。詳しいことは、いつでもお問い合わせ下さい。
H17年8月5日(金)  最近・・・
最近はなんだか忙しい日々が続いています。
お盆休みが近いので、その前に治療しておこうという人たちが増えているようです。
予約もご希望通りには取れないこともあると思いますが、どうかご了承下さい。
H17年6月28日(火)  新しいはみがき台が入っています。
子供たちに人気のこのはみがき台。これではみがきしたい子はいつでも言ってね!
H17年6月18日(土)  西浦小学校の健診
16日に西浦小学校の健診に行ってきました。先日の健診で自分の体力のなさを実感していた先生は、数日前からスクワットで鍛えて準備して望みました。結果は○。何とか無事乗り切りました。
H17年6月13日(月)  健診で
先日、連島西浦幼稚園の健診に行ってきました。小さいお友達の健診なので、先生は足を伸ばしたり縮めたりを繰り返しているうち膝がガクガク・・・。(笑)
体力だけは自身があった先生はちょっと色でした。
今週は西浦小学校の健診があるというのに大丈夫でしょうか?
 
 
H17年3月18日(金)  むし歯が治った
今日来たY.Kくんの一言。
Kくん「むし歯が治った。」
衛生士「なんで?(むし歯は自然と治らないのに)。」
Kくん「あのな、歯磨き粉付けてごしごししとったら治った。」
衛生士「????」
−口の中にはやっぱり穴が−
一同笑い
 
H17年2月22日(火)  今度の土曜日
26日(土)に近くの診療所の先生が小児の治療の見学に来られることになりました。
いつも通りにとは、みんなで話しているのですが、結構緊張しちゃうんでしょうね。
同業者に見られるというのは何とも恥ずかしいものです。
H17年2月9日(水)  ずっと書いてませんでしたね。
ずっと徒然日誌をかくのを休んでいました。
忙しかったこともあるのですが、さぼっていたというのが本当のところだと思います。
さぼっている間に衛生士学校の授業もほぼ終わりとなり、後は2年生の国家試験合格を祈りつつ日々の診療に没頭する毎日になりそうです。
反面、今年の「健康フェア」の準備も活発になってきてまた忙しい毎日が始まりそうです。
今年はなにやらフェアもリニューアルする方向に動いており、今から楽しみです。


前の年へ index 次の年へ

戻る