徒然日誌
日々の診療で感じることを書いています




H24年10月5日(金)  Rくんの話
Rくんは昔からうちに治療に来ている小学3年生です。小さいころからいろいろとお話しをしてくれる子で、どちらかといえば「お話はいいから早く治療をしようよ〜。」なんて心の中で思っちゃうくらいの子でした。
そのR君が先日治療に来た時の事。大きな声で話をしているので、横で治療している私にも聞こえてきます。
Rくん「あのな〜、僕な〜、今の治療が終わったら違うところへいくんじゃ〜。」
スタッフ「どこへ〜?」
Rくん「あのな〜、S歯科医院。あそこな、ガチャガチャがあるんじゃ。」
(ガチャガチャに負けたか…と思いつつも)
スタッフ「なんで〜?ここも良いが〜。」
(スタッフは院長に気を使ってか、なんとか思いとどまらせようと話をします。)
しばらくして、そこへ院長がきました。
一旦は話が終わったと思って安心していたスタッフでしたが…
Rくん「先生あのな〜、僕な〜今度からS歯科医院へいくんじゃ〜。」
(院長、いきなりの直接の話に戸惑いながらも)
院長「そうかぁ。S先生、やさしい良い先生だよ。」
 
Rくん「なあ、先生。S先生、ライバル?」
 
        ・・・爆笑でした!
 
 
H24年9月30日(日)  障がい者歯科学会―北海道―
28日から障がい者歯科学会へ出席するため医院を休みにしておりました。患者の皆様にはご迷惑をおかけしました。台風17号の接近で当初30日も参加する予定でしたが、帰りに羽田乗り継ぎ便を予約していた私たちは欠航になることを予測し、午前中に帰ってまいりました。そのため遠路はるばる北海道へ行ったのですが、学会参加は29日の1日だけとなってしまいました。今回は医院のためというよりは、歯科医師会のセンターでの障がい者歯科診療をよりよくするためのヒントを得るために全国の同じような施設の現状の調査に参加してきました。どこの施設も一般の診療所へのバトンタッチがなかなかスムーズにいかないようで苦労されていました。(写真は、歯科医師会の大森先生と)
H24年9月9日(日)  ラフティング
ラフティングをやってみたい!というスタッフの声にこたえて、四国は吉野川でやっているラフティングに行ってきました。
ちょっとけがをしていた院長は、残念ながら運転手。スタッフだけでのラフトになりましたが、とっても楽しかったです。、
H24年9月6日(木)  倉敷歯科衛生センター
2日の講演会でも話がありましたが、倉敷歯科衛生センターの障がい者歯科診療の担当として3ヶ月間出務することになりました。
そのため、ほぼ2週間おきにしばらく木曜日は午後休診となります。
皆さまにはご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
H24年9月2日(日)  倉敷障がい者歯科診療30周年記念の会
重松先生に講演をお願いしていた記念の会。院長も司会として参加しました。
歯科関係者、自閉症・発達障害にかかわる人たち、多くの市民の皆様に参加していただきありがとうございました。院長もこの日のためにずっと準備に追われていたので無事開催することができ、ほっとしているようです。
H24年8月7日(火)  重松先生の歯科に関する講演があります。
9月2日(日)に川崎医療福祉大学特任講師の重松孝治先生(みなさんご存知の方も多いと思いますが)に「自閉症・発達障がいの理解〜診療のバリアフリーを目指して〜」と題して講演をしていただきます。
 
時;9月2日(日)AM9:30〜
場所;倉敷アイビースクエア(フローラルコート)
参加料、申し込み不要
 
歯科医院といえば、障がいをお持ちの方、特に発達障がい・自閉症の方たちにとって苦手なものの代表だとよく言われます。ですが、一生のうち何人の方が歯科医院を受診せずにすむのでしょう?今は良くても、一生のうちに…。
大半の人にとって、歯科受診は避けては通れない道。では、どうすればそのハードルを低くできるのでしょう?優しい歯医者さん?絵カードを使った診療?それも大事かもしれません。でも、「それだけではないんだよ。」といったところを重松先生のご講演やそのあとに予定していますシンポジウムで考えたいと思っています。
市民の皆さん、自閉症・発達障害にかかわる人、療育、教育、医療関係者の誰にでもためになる企画だと思っておりますので、ふるってご参加ください。
H24年6月23日(土)  第2回自閉症レベルアップセミナーへ行ってきました
先月から毎月1回、川崎医療福祉大学で土曜日の昼からという時間で行われているセミナーに参加しています。休診してしまい患者さんには本当にご迷惑をおかけしているのですが、いろいろ多くの事を学び、そして多くの人たちと知り合うことで、いろんな意味での連携を期待して勉強してきます。
H24年6月14日(木)  大塚式矯正治療セミナー(東京)
本日は、診療をお休みして始発の新幹線で東京へ。
ムーシールドより効果が確実で早いと言われる大塚式反対咬合矯正治療のセミナーに行ってきました。
早速診療に取り入れていきたいと思っています。
H24年5月24日(木)  インビザラインセミナーに行ってきました
日本で2006年の開始以来、徐々にケースも増えているインビザラインのワイヤーのない目立たないマウスピース矯正ですが、当院でも結構この方法を選択される矯正患者さんも出てきています。今回は、その実践的なステップアップテクニックの講習会でした。
夕方セミナーが終わり、娘と食事をしていたところになんと村上ショージさんが現れました。
しっかり舞い上がった私たちは、写真を一緒に撮ってもらうだけで精一杯でしたが、良い記念になりました。
H24年5月22日(火)  連島南幼稚園健診
さきほど幼稚園の健診に行ってきました。
歯科医院をしていると、来院するのは虫歯のある子供たち(フッ素だけで来る子もいますが)なので、子供たちの虫歯が少なくなっているのかどうかわからないのですが、健診にいってみると、多くの子供たちが虫歯がなく、「虫歯って減ってきているんだな〜。」と改めて思います。「先生が子供のころは虫歯だらけだったのになぁ。」と虫歯の多かった私は羨ましく思ったりします。by院長
H24年4月15日(日)  第3回中国地方障がい者歯科臨床研究会
島根県松江市であった研究会に出席してきました。
とても天気が良く、ぽかぽか陽気でしたが、残念ながら朝から夕方までビッシリ勉強してきました(笑)
午前中は、中国各県からの発表があり、午後から2題の講演がありました。なかでも『地域で考える障がい者医療−リハ医学と歯科医療‐」という演題で出雲市民リハビリテーション病院の木佐敏郎先生が発達障害の子供たちの摂食障害にも積極的にかかわっておられるお話があって、とても参考になりました。とくに知的な問題や過敏がある場合の指導は困難を伴うことが想像され、難しい問題だと改めて感じました。
H24年4月9日(月)  重松先生院内セミナー開催
4/5(土)に川崎医療福祉大学特任講師の重松孝治先生に来ていただいて、院内セミナーを開催しました。いままで、歯科の専門家の指導をいただいたり、学会に参加して勉強したりしてきましたが、”福祉”分野の先生からご指導いただいたことはありませんでした。今回、重松先生から「先生の診療所の見学をさせてもらって良いですか?」というお話をいただいて、これは渡りに舟とばかりに「じゃあ、先生スタッフの対応を見てアドバイスしてもらえますか?」ということで実現しました。当日は、実際の患者さんの診療の様子を見ていただいて、自閉症、発達障害の対応法などのアドバイスをいただきました。
まず、朝早くから、来院される患者さんのケースカンファレンスを行って、事前に「こうしてみたらどうでしょう?」「ここが大事ですよね。」といったアドバイスをいただいて、診療に臨みました。あまりに熱のこもった指導で、結局時間が足らず、昼ごはんの時にも余った症例について指導をしていただきました。
診療終了後も、診療を見た後での指導をしていただきました。
今回のセミナーで得られたものは何事にも変えられない貴重なもので、ご協力いただいた患者さんが方、そしてなにより重松先生には朝早くから夕方遅くまでほぼ立ちっぱなしでありがとうございました。
H24年3月26日(月)  Tくん再び!
Tくんが、また頑張ってくれました。
第1回JSCA全国知的障害者水泳競技大会で50M平泳ぎ13位、100M平泳ぎ16位だったそうです。「ぼちぼち続けています。」とお母さんは、おっしゃっていしたが、そのぼちぼち長く続けることが大事なんですよね。
すごいことです!
高校2年で水泳をやめてしまった院長なのでした
H24年3月4日(日)  2011年度TEACCHセミナーに行ってきました
雨の日曜日でしたが、しっかりと勉強してきました(笑)
久しぶりに佐々木正美先生にもお会いできましたし、岡大の江草先生や森先生も起こしになっていて、「皆さん日頃からお忙しいのに熱心だなぁ。」と自分の不勉強を恥じた一日でした。
H24年2月20日(月)  院長は別行動で…
19日は、院長は一人別行動で誤嚥性肺炎予防セミナーに行ってきました。
子供たちが多い私たちの診療所ですが、だんだんとお年寄りの方も増えてきたので…ということで、出かけてきました。
H24年2月19日(日)  フッ素のセミナーに行ってきました
薫先生と衛生士でフッ素のセミナーに行ってきました。ランチはイタリア料理でおなかも頭も満腹です。
H24年1月19日(木)  素敵なこと。そのA
今度は、以前から治療に来ているTくんです。
Tくんは、水泳をずっと続けていて、先日1月9日に千葉であった「日本知的障害者水泳短水路大会」に出場しました。
結果は、100m個人メドレー(少年B)で8位。
100m平泳ぎ(少年B)で10位だったそうです。その報告とそのときの写真をTくんがくださいました。
全国で8位とか10位ってすごいと思いませんか?
私たちも、勇気付けられました。
H24年1月18日(水)  素敵なこと@
今日、久しぶりにKちゃんがお母さんの診察についてきて、元気な顔を見せてくれました。
そして、お手紙も・・・
内容は、「私のこと、覚えていますか。」って内容だったけど、みんなKちゃんのことは、絶対忘れないよ!!


前の年へ index 次の年へ

戻る